視力回復 レーシック 眼科 検索

視力低下が増えています

  • 最近、目がかすむ…
  • 小さい字が見えにくくなった…
  • 目に違和感が…

視力低下・仮性近視・老眼・眼科病院・クリニック・視力回復・レーシック、そんな言葉が気になります。
車の運転やテレビだけでなく、最近ではパソコンやマホで目を酷使することの多い現代、異常を感じたら早めにお近くの眼科病院へ相談を!
近視や遠視で目が悪い、「メガネやコンタクトレンズが無いと物や文字がよく見えない」、というのはやっぱり不便です。
目の病気などがなければ

  • レーシック手術
  • 視力回復トレーニング

などの対処法があるかもしれません。

 

 

レーシックも安全になった

既にメガネやコンタクトレンズを使われている方にとって「メガネやコンタクトのいらない生活」って夢のようですよね。
視力回復に劇的な効果のあるレーシック手術。
レーシック手術(LASIK 角膜屈折矯正手術)は1990年に世界で始めて実施されて以来25年以上。日本では2000年に導入されてから20年。
当初は賛否も分かれ、一部の技術や経験のない眼科医による事故もありました。
そんなレーシック手術は世界的に近視矯正手術の主流として症例も増え、機器の進歩もあり、以前より低価格で、スピーディーかつ安全になっています
アメリカの医学誌でも「長期的に安全」とお墨付きを得ています。

 

実際には近視・遠視の状態やほかの目の病気、年齢などによってレーシック手術が受けられない場合もあります。
「ちょっと心配・・・」という方は、まず「無料説明会」などでレーシック手術の経験豊富で口コミ評価の高い眼科医に相談・診察をされてはいかがでしょうか

 

目の負担は増えるばかり

パソコンやスマホ、リモートワークなど仕事や日常生活の中で目が占める部分というのは非常に大きいですよね。目の病気にならなくても近視や老眼だけでも日常生活が大幅に不便になります

 

歯医者さんの場合は歯石を取りに行ったりとかして定期的に通うこともありますが、眼科の場合には視力検査はたまに受けたりするぐらいでそういったことがなければ眼科の病院やクリニックに訪れることは少ないかもしれません。色盲や色弱など先天的な目の異常というものもありますよね。これらは神経によるものなので治す方法がありません。一方、後天的には結膜炎など感染症を除くと、一度目の病気になってしまうと治りにくい病気も多く、何年も通わなければならない場合もあります。

 

普段からの目のケアが重要

そのため普段から目の見え方などには自分で気をつけておきたいものです。
また最近ではスマホやパソコンで利用できる視力矯正、視力強化や視力回復のトレーニングなどもあります。

30分ごとに目を休める

また、スマホやパソコンテレビなど見る場合には、30分に一度は目を休め、遠くを見るなど目の筋肉をリラックスさせるということもとても重要です。とても地味な方法なんですが、近視の予防法として非常に効果があります。スマホのタイマー機能を利用するなどして、意識的に休憩をとるように心がけてください。

あまりにも疲れ目がひどい場合には眼科に相談

それでも「あまりにも疲れ目がひどい」といった場合には、他の目の病気の可能性もあります。近くの眼科のクリニックなど訪れるのがおすすめです。最近では、ただ目の病気の治療だけではなく、視力矯正やアイトレーニング、速読などの指導を行っている眼科も増えています。

 

白内障

目の病気と言うと白内障という病気は有名ですね。最近では手術も簡単になり、日帰りで短時間の手術が受けられるという病院も増えています。予防するのは難しい病気ですが、治療ができるというのは精神的に助かりますよね。

 

 

実績豊富で口コミ評価の高いレーシック実施眼科医

 

 

 

 

 

視力回復・コンタクトレンズ関連情報

 

 

 

 

 

 

更新履歴
page top